誰もが一度は「引き寄せの法則」という言葉を聞いたことがあるでしょう。実践している人も多いこの引き寄せの法則ですが、やってみたけれどもうまくいかない、いまいち信じられないという方もいるかと思います。

ここでは引き寄せの法則とは何かを説明し、引き寄せの法則を実践する上でのポイントを紹介します。

引き寄せの法則とは

引き寄せの法則とは、似た者同士が「引き寄せ合う」という法則です。「類は友を呼ぶ」ということわざもあるように昔から言われています。あなたもこれまでの人生の中で、「波長が合う」という経験をしたことがあるはずです。これは友人や同僚などの人に限らず、非生物であるモノに対しても言えることです。

万物は素粒子でできている

原子の振動

水や空気、私たちの身体は、すべて分子、原子という小さな粒がたくさん集まってできています。科学の発達で、それらの粒の最小単位は「素粒子」であることが解明されています。

回りを見渡せば、固いモノ、柔らかいモノ、透明なモノ、暗い色のモノなど、いろいろな特徴を持っています。見た目や質感などは異なりますが、元をたどればすべて同じ「素粒子」で構成されています。そして重要なのは、この素粒子は常に振動しているということです。

性質が似ているモノは引き合う

水を張った水槽の中に、油を1滴落とすとどうなるでしょう。水と油は性質が異なるため、油と水は混ざり合わず、油は固まりになって水面を漂います。つまり、似た性質もモノは集まろうとし、似ていないものは互いに混ざり合おうとしないのです。これが引き寄せ法則の本質で、似た性質のモノは集まろうとするため引き寄せ合うのです。

振動数が同じであれば引き合う

幸せを引き寄せる

何をもってして「似ている」とするのかというと、モノの固有の振動数です。すべてのモノは常に振動しておりこの振動数が、モノに「似ている、似ていない」という性質を持たせています。振動するモノは、波のようなエネルギーを持っていて、人やモノに伝わります。

私たち人間の振動数はというと「思考」で決まります。例えば、ポジティブな思考をしているときにはポジティブな波動、ネガティブな思考をしているときにはネガティブな波動を発しています。同じ波動を発している人同士は、集まろうとするため、引き寄せ合うのです。

人間は幸せになりたいから願う

願いをこめる女性

私たちは常にかなえたい願望をもっています。それは、かなえたい願望の先には「幸せ」があると考えているからです。しかし、現実的には「願望が叶えば幸せになれる」とは一概には言えません。結婚したい、就職したいという願望を叶えても、離婚する人はいるし、離職する人もいます。お金持ちになって贅沢な生活をおくったとしても、いずれはその生活に慣れてしまい、より贅沢を望むようになる人もいます。願望を叶えたからといって、必ずしも永遠に幸せになれる訳ではないのが、難しいところです。

幸せが続かなければ、再び幸せになるための願望が生まれます。変わらないことを良しとする文化圏や国もありますが、日本人は現状に満足するということがない国民性を持つので願望には際限がなく、幸福であると感じている人は他の先進国と比較すると低いという調査結果もあります。もしあなたが幸せを感じていないのであれば、願望を叶え続けることが必要と言えるでしょう。

イメージングで思考をコントロールする

私たちは、自分たちが発している波動の波長によって、似た者同士で引き寄せ合っています。波長は思考によって決まるので、この思考をコントロールできるようになれば引き寄せの法則を活用して願いを叶えることができます

では、思考とは何でしょう。頭の中をいろいろな考えが巡っているとき、写真のような静止画や強い思考の場合は映像が浮かびませんか? この静止画や映像のイメージが思考の正体です。同じ思考を持つモノは引き寄せあい、そのイメージが強ければ強いほど、それと酷似したものを引き寄せることができます

願望のイメージを強く明確に描くことができれば、引き寄せの精度を上げることができるのです。思考をコントロールするのに最適なのがイメージングです。願望が叶ったイメージや手に入れたいものイメージをすることで、その思考によって共振が起こり、イメージしたものが引き寄せられます。

感謝の気持ちをもてば、幸せが訪れる

砂浜にかかれた感謝!

私たちは生活するなかで、喜びや悲しみ、怒りなどのさまざまな感情を持ちます。それらの感情のうち、もっとも幸せを引き寄せられる感情は「感謝の気持ち」です。引き寄せの法則に従えば、同じ性質モノは引き合うので、感謝の気持ちを持っているとき、「さらに感謝したくなるようなできごと」をどんどん引き寄せ、幸せの方からやってきます。感謝の気持ちを持って日々生活するということは、引き寄せの法則を最大限に活用するポイントです。

感謝の気持ちを持って生きている人は、他人から見ても幸せそうに見えます。それは、その人に次々と幸せなことが起こっているからです。明確な願望がなくとも毎日を感謝の気持ちで過ごせば、幸せなこと、感謝したくなるようなことが集まってくるので、幸せは持続するのです。

*

引き寄せの法則にはとんでも科学的な一面もありますが、似たもの通しが引き寄せ合うということは私たちが経験上感じていることでもあり、多くの著名人や成功者が体験しています。

幸せを追い求めてはいるが、その方法が見つからないという人にとって、引き寄せの法則を試してみる価値は十分にあります。毎日を感謝の心で過ごし、あなたの願望を強くイメージしてみてはいかがでしょうか。